ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 第23回 テレワーク推進賞(日本テレワーク協会 締切:R4.9.15)

第23回 テレワーク推進賞(日本テレワーク協会 締切:R4.9.15)

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月15日更新

その他公募情報

実施機関 一般社団法人日本テレワーク協会
公募期間 あり
公募開始:2022年7月1日 ~
公募終了:2022年9月15日
関連URL 関連URLを開く

概要

ICT(情報通信技術)等の大きな進展のもと、新型コロナ感染症対策として急速に広がったテレワークは感染防止に加え、生産性向上、ワークライフバランスの向上など働き方改革にも効果を発揮しています。一方、規模や、業種、地域などによりテレワークの実施に差が出てきており、加えてコロナ感染者の減少に伴い実施率の下落も見られ、今まさにテレワークの真価が問われています。

こうした中、一般社団法人日本テレワーク協会では過去22回の実績と評価をもとに、今年度もテレワークを導入・活用した、または普及に貢献した企業・団体等を顕彰し、働き方の選択肢増加による柔軟な働き方の実現により社会に貢献することを目指します。

多くの皆様のご応募を心からお待ちしております。

募集対象/募集内容

以下の2つの部門を設定し、それぞれに該当する企業・団体を広く募集します。

テレワーク実践部門

テレワークを導入/実践/定着させ、経営効率の向上、ワークライフバランスの向上など、有益な効果を出している企業及び公共団体。

テレワーク促進部門

テレワーク普及に役立つ製品、サービス、仕組み、制度、環境などを外部に提供する事によってテレワークの普及・促進に貢献している企業及び公共団体。

※従前からテレワークに優秀な取組みをし更に発展させている企業・団体に加え、コロナ感染症対策で新規に取組み、際立った成果をあげている企業・団体も募集します。

表彰内容

審査委員会の審査により「テレワーク推進賞」として次の表彰を行います。

日本テレワーク協会 会長賞

極めて優秀で広く他の模範となりうる事例に授与します。

優秀賞、奨励賞

各部門(実践部門、促進部門)ごとに審査委員の審査結果により授与します。

  ※必要に応じて特別賞などを設定する場合があります。 

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 一般社団法人日本テレワーク協会「テレワーク推進賞」事務局
部署
担当
郵便番号 101-0062
住所 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館
TEL 03-5577-4572, 080-7723-6261
FAX 03-5577-4582
E-mail suishinsyo@japan-telework.or.jp