ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > DGnet > メニュー > 補助金・公募情報 > 令和3年度補正予算「事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)」2次公募(中小企業庁 締切:R4.9.2)

令和3年度補正予算「事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)」2次公募(中小企業庁 締切:R4.9.2)

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月26日更新

補助金・助成金

実施機関 中小企業庁
公募期間 2022年9月2日(金) 17時00分まで
公募開始:2022年7月27日 ~
公募終了:2022年9月2日
関連URL 関連URLを開く

概要

事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)には【1型】創業支援型、【2型】経営者交代型、【3型】M&A型の3種類があります。申請にあたっては、どの申請類型に該当するかご確認の上、交付申請を行ってください。

創業支援型(1型)

以下の1~2をいずれも満たすこと

  1. 事業承継対象期間内における法人(中小企業者)設立、又は個人事業主としての開業
  2. 創業にあたって、廃業を予定している者等から、株式譲渡、事業譲渡等により、有機的一体としての経営資源(設備、従業員、顧客等)の引き継ぎ
    ※設備のみを引き継ぐ等、個別の経営資源のみを引き継ぐ場合は原則該当しない

経営者交代型(2型)

以下の1~2を全て満たすこと

  1. 親族内承継や従業員承継等の事業承継(事業再生を伴うものを含む)。
  2. 産業競争力強化法に基づく認定市区町村又は認定連携創業支援事業者により特定創業支援事業を受ける者等、経営等に関して一定の実績や知識等を有している者であること。

M&A型(3型)

以下の1~2をいずれも満たすこと

  1. 事業再編・事業統合等のM&A
  2. 産業競争力強化法に基づく認定市区町村又は認定連携創業支援事業者により特定創業支援事業を受ける者等、経営等に関して一定の実績や知識等を有している者であること

※ 経営者交代型(2型)における承継者が法人の場合、事業譲渡や株式譲渡等による承継は原則として対象とならない

※ 創業支援型(1型)、M&A型(3型)ともに、物品・不動産等のみを保有する事業の承継(売買含む)は対象とならない

備考

詳細については、関連URLをご覧ください。

お問合わせ

機関・企業名 2022 事業承継・引継ぎ補助金事務局
部署
担当
郵便番号
住所
TEL 050 - 3615 - 9053
FAX
E-mail