ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 石川県地場産業振興センター > メニュー > 産業振興ゾーンの紹介 > 石川県地場産業振興センター 産業ゾーン紹介

石川県地場産業振興センター 産業ゾーン紹介

印刷用ページを表示する更新日:2017年9月29日更新

インデックス空室情報産業振興ゾーンセンター事業情報公開

産業振興ゾーンの紹介

石川の産業をクリエイトする 人・情報・技術の拠点

石川県の産業構造の高度化を推進し、また研究・開発や高付加価値生産性を重視した「頭脳立県」を目指すため、行政と産業界が一体となって、約8万平方メートルの敷地に工業試験場をはじめ、地場産業振興センターなど40を越える主要経済関係団体を集積して、「産業振興ゾーン」を構築し、ここを本県産業振興の活動の拠点としている。

ゾーン全体の面積

土地 80,000平方メートル
​建物 35,500平方メートル

各建物の建設時期・延床面積

 建設時期延床面積
工業試験場昭和58年8月14,200平方メートル
地場産業振興センター本館昭和59年6月  5,500平方メートル
地場産業振興センター新館平成2年11月  8,000平方メートル
地場産業振興センター接続棟平成6年9月    900平方メートル
鉄工会館昭和59年5月  2,000平方メートル
繊維会館昭和59年8月  1,800平方メートル
IT総合人材育成センター平成3年9月  3,100平方メートル
 35,500平方メートル

駐車場

約1,000台駐車可能

関係リンク