ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

DGnet

印刷用ページを表示する更新日:2018年11月14日更新

新着情報

DGnetとは

DGnet(デジネット)は、イベント・セミナー情報や補助金・融資などの支援情報、各分野の専門家などの人材検索といった、様々な情報を提供する総合コンテンツです。
ISICOが主催するイベントや支援情報などはもちろん、ビジネスに役立つ様々な情報を関係機関から収集し、掲載しているほか、登録会員から寄せられた情報も発信しています。
DGnetは石川県の中小企業を応援します。

企業情報、イベント、公募情報、人材情報に情報を登録しませんか?

DGnetでは、企業情報、イベント・セミナー、補助金・公募情報、人材情報の各コーナーに情報を投稿することができます。
情報を投稿するためには、会員コードが必要となりますので、まずはDGnet会員にご登録ください。

DGnet会員登録詳細ページへのリンクDGnet情報投稿詳細ページへのリンクDGnet情報修正詳細ページへのリンク

Pick Up 企業紹介

次世代ファンドで新型焙煎機を導入 お茶の香りも生産能力も大幅アップ

(有)油谷製茶
焙煎温度が100℃上がりかぐわしさ増す 

油谷祐仙社長の写真 油谷製茶が導入したのは、棒ほうじ茶を焙煎するための遠赤外線ドラム焙煎機だ。新型機の特徴は何と言っても従来機を大きく上回る高温で焙煎できる点にある。
 ほうじ茶は、全国的には煎茶や番茶などを焙煎したものが一般的で、日本茶の中でも特に独特の香ばしさがある。一方、石川県では茶葉を摘んだ後の茎の部分だけを使った棒ほうじ茶が広く普及し、その香り成分の含有量は葉ほうじ茶に比べ1.5倍にも上る。
 この棒ほうじ茶の特徴である香ばしい香りをさらに引き上げるために導入したのが新型機だ。旧型機が一つの熱源で焙煎していたのに対し、熱源を二つ備える新型機では、これまで200℃程度だった焙煎温度を300℃にまで高めることが可能になり、香りがより際立つ棒ほうじ茶を製造できるようになった。・・・

【情報誌ISICO vol.102掲載】
続きは情報誌ISICOのページをご覧ください。 

週間ランキング(2018年11月2日~2018年11月8日)